ニュース News

シーズン4冠のアルカラスが世界6位に!錦織は8ランクダウン

2021年「ATP1000 インディアンウェルズ」での錦織

ATP(男子プロテニス協会)は9日、最新の世界ランキングを公表した。現在リハビリに励んでいる錦織圭(日本/フリー)は、先週から順位を8つ落とし74位となった。

「ATP1000 マドリード」(スペイン・マドリード/5月1日~5月8日/クレーコート)では、第7シードのカルロス・アルカラス(スペイン)が躍進を遂げた。準々決勝では自身のアイドルと尊敬する第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)に勝利し、クレーコートでナダルを破った初めての10代の選手に。続く準決勝では、第1シードで世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と初対戦し逆転勝ちを収める。決勝では昨年2度対戦し、いずれもストレートで負けていた第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を6-3、6-1で下し、5日に19歳の誕生日を迎えたばかりのアルカラスはマドリード大会史上最年少で優勝を飾った。「グランドスラムで優勝する準備はできてるよ」と自信をのぞかせているアルカラスは順位を9位から6位へと伸ばしキャリアハイを更新。準決勝で敗れた5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)との差は977ポイントとなっており、トップ5入りも見えてきている。

トップ5ではポイントの変動はあったものの、順位には影響は出ていない。しかし6位から10位の間ではアルカラスを筆頭に順位の入れ替わりが起きている。準々決勝まで勝ち進んだ第6シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が1アップで7位に。右手を手術し現在離脱中のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は、前回大会で準優勝した際に得た600ポイントを失い6位から8位へとダウン。同大会で初のベスト8入りを果たした第8シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)は、順位を1つ上げ今年1月に更新したキャリアハイの9位に返り咲いた。予選通過者のドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)に敗れて初戦敗退となった第5シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)は、順位を3つ落として10位に。

そのほかワイルドカード(主催者推薦枠)で出場して1回戦で元世界3位のドミニク・ティーム(オーストリア)らに勝利した元世界王者のアンディ・マレー(イギリス)は、順位を9つ伸ばし69位に。ティームはベスト4へ進出した前回大会で得た350ポイントを失った結果、91位から71ダウンとなり、2014年以来のトップ100陥落(162位)に。予選から本戦2回戦へと駒を進めたロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)は63位から51位となりキャリアハイを更新した。また、ワイルドカードで出場した20歳の新星ジャック・ドレイパー(イギリス)は1回戦でクレー初勝利を挙げ、順位を15上げ106位へと伸ばしこちらもキャリアハイ更新。

日本人では、予選1回戦で敗退の西岡良仁(日本/ミキハウス)が順位を5つ下げ91位。先週は大会に出場せず、ポイントにも変動がなかったダニエル太郎(日本/エイブル)は順位が3つ上がり103位となった。

◇   ◇   ◇

【5月9日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 8,260
2. ← (2) ダニール・メドベージェフ(ロシア) 7,990
3. ← (3) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 7,020
4. ← (4) ラファエル・ナダル(スペイン) 6,435
5. ← (5) ステファノス・チチパス(ギリシャ) 5,750
6. ↑ (9) カルロス・アルカラス(スペイン) 4,773
7. ↑ (8) アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 4,115
8. ↓ (6) マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 3,895
9. ↑ (10) フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 3,760
10. ↓ (7) キャスパー・ルード(ノルウェー) 3,760
11. ← (11) キャメロン・ノリー(イギリス) 3,380
12. ↑ (14) フベルト・フルカチュ(ポーランド) 3,130
13. ↓ (12) ヤニク・シナー(イタリア) 3,060
14. ↓ (13) テイラー・フリッツ(アメリカ) 2,965
15. ← (15) ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 2,760
16. ← (16) デニス・シャポバロフ(カナダ) 2,671
17. ← (17) ライリー・オペルカ(アメリカ) 2,440
18. ← (18) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 2,135
19. ← (19) ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン) 1,993
20. ← (20) グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア) 1,830
------------------------

51. ↑ (63) ロレンツォ・ムゼッティ(イタリア) 995

69. ↑ (78) アンディ・マレー(イギリス) 865

74. ↓ (66) 錦織圭(日本/フリー) 835

91. ↓ (86) 西岡良仁(日本/ミキハウス) 707

103. ↑ (106) ダニエル太郎(日本/エイブル) 602

106. ↑ (121) ジャック・ドレイパー(イギリス) 589

162. ↓ (91) ドミニク・ティーム(オーストリア) 375

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「ATP1000 インディアンウェルズ」での錦織
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. シーズン4冠のアルカラスが世界6位に!錦織は8ランクダウン