ニュース News

ダニエル太郎はルブレフに敗れて準々決勝敗退。ベスト4が決定[ATP250 ベオグラード]

「ATP250 ベオグラード」でのダニエル太郎

世界ランキング104位のダニエル太郎(日本/エイブル)が「ATP250 ベオグラード」(セルビア・ベオグラード/4月18日~4月24日/クレーコート)の準々決勝で第2シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)と対戦。3-6、3-6で敗れた。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

試合はダニエルのサーブからスタートするが、ルブレフの深いショットを返せずいきなりブレークポイントを与えてしまう。しかしそこから盛り返し、最後はドロップショットを決めてキープする。続く第2ゲームでダニエルはラリーからポイントを重ねてブレークチャンスを作るものの、ここはルブレフにしのがれた。3-3で迎えた第7ゲーム、ダニエルはミスショットが重なり0-40。続くポイントでダニエルはセカンドサーブを狙われてリターンエースを決められた。第9ゲームでもダニエルはバックハンドをネットにかけてしまい30-40のピンチに。最後はルブレフのダウンザラインを返せずセットを落とした。

第2セット、第4ゲームでダニエルはボレーを決めてゲームポイントを手にする。しかしそこからラリーで競り負けて、サービスゲームを破られた。第6ゲームで3度あったピンチは逃れたものの、ルブレフのサービスゲームで3ポイントしか得られず、ブレークチャンスを得られないままストレート負けを喫している。

ルブレフとの4度目の対戦に敗れたダニエルは、勝てば2年連続のベスト4となるところだった。ダニエルは試合後、Twitterに以下のメッセージを投稿。

「セルビアオープン準々決勝で敗退でした。成長できた1週間だったと思います。今週は観客からの応援が沢山あってとても嬉しかったです!明日から始まるミュンヘンには移動が間に合わなかったので次はマドリードオープンに出れたら行きます。ありがとうございました!」

勝ったルブレフは準決勝で第6シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。フォニーニは準々決勝で世界67位のオスカー・オッテ(ドイツ)を破っていた。もう一つの準決勝では、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を迎え撃つ。

ダブルスでは決勝カードが決定。ベスト4のうち3枠をノーシードのペアが占める中、第1シードのニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアとアリエル・ベアル(ウルグアイ)/ゴンサロ・エスコバル(エクアドル)ペアが、準決勝でそれぞれユーゴ・ニス(モナコ)/ヤン・ジエリンスキ(ポーランド)ペアとトミスラブ・ブルキッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)/ニコラ・チャチッチ(セルビア)ペアを下して決勝進出を果たしている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP250 ベオグラード」でのダニエル太郎
(Photo by Srdjan Stevanovic/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ダニエル太郎はルブレフに敗れて準々決勝敗退。ベスト4が決定[ATP250 ベオグラード]