ニュース News

1ヶ月半ぶりの公式戦に臨むジョコビッチ「ここ数ヶ月をこれからの糧にしたい」

「ATP1000 モンテカルロ」大会前の会見に臨むジョコビッチ

世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が1ヶ月半ぶりの公式戦となる「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月10日~4月17日/クレーコート)に向けて意気込みを語った。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが報じている。

新型コロナワクチン未接種のため出場できる大会が限られているジョコビッチ。今季ここまでに出場したのは2月下旬に行われた「ATP500 ドバイ」のみで、当時ランキング123位だったイリ・ベセリ(チェコ)に準々決勝でストレート負けを喫していた。

シーズン2大会目となる「ATP1000 モンテカルロ」に第1シードとして参戦するジョコビッチは、初戦で世界46位のアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦。順当に勝ち上がれば、準々決勝で「ATP1000 マイアミ」を大会最年少の18歳で制した第8シードのカルロス・アルカラス(スペイン)と初対戦となる可能性が高い。

会場で大会前に行われた記者会見で、ジョコビッチは「ツアーに参加して若い選手と競い合い、大きなタイトルを懸けて世界のトップ選手に挑戦することに今でもモチベーションを感じているよ。10年以上前から住んでいるモナコでプレーすることができて嬉しい。再び戦える瞬間を待ち望んでいた僕にとって、ここは最高のスタート地点だ」と意気込みを語った。

ジョコビッチは昨年のクレーシーズンでは「全仏オープン」と「ATP250 ベオグラード2」で優勝、「ATP1000 ローマ」で準優勝を果たすなど、好成績を収めている。今季も、2013年と2015年の2度優勝した「ATP1000 モンテカルロ」でまずは勢いに乗りたいところだ。

「クレーコートは僕がセルビアで育ったサーフェスで、何年もそこでしかプレーしたことがなかった。キャリア全体を通して見るとクレーは僕にとって最も成功したサーフェスとは言えないけど、何度か成果を残している。昨年の“全仏オープン”優勝はまだ記憶に新しいから、それを糧にクレーコートのシーズンをできる限り最高の形でスタートさせたいと思っているよ」

「去年のスケジュールをもとに、今年もクレーコートのシーズンは最後まで参加する予定だよ。今週の初めにはおそらくベストの状態ではないことはわかっている。まだ自分のエンジンをテストしている最中で、自分のゲームを構築している途中だから、本当に必要な競争力のあるプレーを見つけるには当然ながら何試合か戦う必要があるし、時間がかかるだろうね」

「僕は自分のことをとても楽観的で前向きな人間だと思っている。すべての経験、特に1月に(オーストラリアで)起こったような大きな出来事には教訓がある。試合に出始めれば、今まで自分の内側で眠っていて、外に向けて発散したいと思っていたあらゆるものに対処しなければならない。トレーニングができない、大会に出られない、生活ができないといった大きな傷跡になったという風にはまったく思っていないよ。とはいえ、この数ヶ月はこれまで経験したことのないような、チャレンジングなものだった。だから、それを燃料にして、これからに備えたい」

ジョコビッチは2月28日から3週間だけダニール・メドベージェフ(ロシア)に明け渡した世界1位の座については、「世界1位というのはこのスポーツで得られる最高の成果だから、できるだけその地位を維持したい」と述べている。一方のメドベージェフは、ヘルニアの手術を受けたため「ATP1000 モンテカルロ」を欠場する。

今大会前、ジョコビッチはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する元世界3位のスタン・ワウリンカ(スイス)と練習。対戦成績では19勝6敗とジョコビッチが大きく勝ち越しているが、ワウリンカは2015年の「全仏オープン」決勝や2016年の「全米オープン」決勝といった大一番で勝負強さを発揮してきた。数々の名勝負を演じてきた二人はカジノスクエアでミニマッチも実施。トリックショットを決めたり、写真を撮ったり、おしゃべりをしてモンテカルロのファンを沸かせていた。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 モンテカルロ」大会前の会見に臨むジョコビッチ
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 1ヶ月半ぶりの公式戦に臨むジョコビッチ「ここ数ヶ月をこれからの糧にしたい」