ニュース News

アラブ系女子選手の記録を作り続けるジャバー「トップ5に入りたい」

「WTA500 チャールストン」でのジャバー

先週「WTA500 チャールストン」で準優勝したオンス・ジャバー(チュニジア)は、初日から笑顔に溢れ、まるで大会最終日のような調子の良さを見せていた。昨年大活躍したジャバーが、今年にかける思いを語った。WTA(女子テニス協会)の公式ウェブサイトが伝えている。

故郷チュニジアでは、ジャバーは”ワジーラット・アル・サアダ”、直訳すると「幸福大臣」と呼ばれている。

「どこへ言ってもその名で呼ばれるの」とジャバーは祖国での人気について明かした。「まず言われるのが、『あなたの試合を見るために朝3時に起きている』。みんな、早起きしなきゃいけないと私を責めるの。でも本当に、国全体で応援してもらっているのは嬉しいわ」

16歳で「全仏オープン」ジュニア部門で優勝してから10年経った昨年秋、ジャバーは自己最高の世界ランキング7位に到達。アラブ系女子選手がトップ10に入ったのはジャバーが初めてで、祖国では大ニュースになった。

「何事にも初めてはある」とジャバーは笑いながら言った。「最初に達成した選手になれて嬉しい。次の世代に刺激を与えたいと思っているし、楽しんでやっているわ。常に努力を怠らないようにしている。というのも、今まで以上に難しくなってきているから。今の高いレベルを維持するのが一番難しいけれど、私ならできると希望を持っているわ」

現在世界ランキング9位のジャバーは、躍進の年となった2021年シーズンの成功を繰り返したいと努力を続けている。1年前、このチャールストンの地でジャバーは準決勝に進出し、グランドスラムの「全仏オープン」ではベスト16に、「ウィンブルドン」ではベスト8進出と良い成績を収めた。「WTA250 バーミンガム」では初のグラスコート大会での優勝を飾り、「WTA1000 インディアンウェルズ」ではベスト4に進出。

しかし、それ以降はあまり良い結果を残せていない。2021年最後の大会となった「WTA500 モスクワ」では、エカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)と対戦した初戦で8ゲーム中7ゲームを相手に奪われた挙げ句、肘を負傷して途中棄権した。その後ジャバーは、夫のカリムさんとともにモルディブに滞在し、数週間の休養を取った。

シーズンオフのトレーニングでは、サーブや体の調整に時間をかけ、戦術も強化した。

「試合中にいくつかそういう瞬間がある。1秒で、試合に勝つか負けるかが決まるような瞬間が。そういう瞬間に、もっと忍耐強くあることに集中しようとしているの。接戦で負けた試合で、再び負けることがないように」

昨年12月、ジャバーはアブダビで行われたエキシビションマッチに出場し、ベリンダ・ベンチッチ(スイス)と対戦。良いニュースは、ジャバーが勝利したこと。悪いニュースは、新型コロナウイルスに感染したことだった。

「少しだけ休養しなければならなかった。それから“全豪オープン”に出ようとしたけれど、100%の準備ができていなかった。その後に背中を痛めて、リハビリをしたの」

ジャバーは故郷チュニジアに戻り、モナスティルにあるテニスクラブに滞在した。そこでジャバーはテニスのみに専念できる環境に身を置いて、トレーニング漬けの日々を送った。

2022年、ジャバーは「WTA500 シドニー」、「WTA500 ドバイ」、「WTA1000 ドーハ」の3大会で準々決勝に進出。しかし「WTA1000 インディアンウェルズ」では予選から勝ち上がった元世界20位のダリア・サビル(オーストラリア)に初戦で破れ、「WTA1000 マイアミ」では4回戦で「全豪オープン」ファイナリストのダニエル・コリンズ(アメリカ)の前に屈した。

ジャバーは、幼い頃から元世界王者アンディ・ロディック(アメリカ)を尊敬していたそうだ。彼の弾丸サーブに憧れていたのはもちろんだが、彼のユーモアのセンスも好きだったという。ロディックは、ジャバーのことをテニス界で最もハグされる女性と呼ぶが、彼はおそらく正しい。さらに、2021年のジャバーは最も数多く試合を行った選手でもあった。ジャバーは、2位のアネット・コンタベイト(エストニア)より1試合多い66試合をこなした。ジャバーの型破りなプレースタイルは、見ていてとても楽しいものだ。

今後、ジャバーは「WTA500 シュトゥットガルト」、「WTA1000 マドリード」、「WTA1000 ローマ」、そして「全仏オープン」に出場予定だ。さらに上を目指すジャバーは、2022年が素晴らしい思い出の数々の始まりの年となることを願っていると語った。

「もっと多くの大会で優勝したい。トップ5に入りたい。それが私たちにとって重要なの。世界でトップ5の選手になるために私に何が足りていないのか、小さなディテールを全部探そうとしているわ。そして、私たちは近づいている」

「すごく努力しているわ。ただ全てが噛み合うのを待っているだけ」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA500 チャールストン」でのジャバー
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. アラブ系女子選手の記録を作り続けるジャバー「トップ5に入りたい」